3人子連れのドタバタシンガポール駐在記⑧

前回に続き、“やってしまった事件”第2弾です。

家族で出かけた時のこと、デパートに着くや否や、長男がゴソゴソとポケットを探し始め「携帯がない!」と。どうやら乗ってきたバスで落とした模様。

下車ポイントは、繁華街!海外で携帯を無くして出て来る訳もなく、とりあえず携帯会社に慌てて出向き、サービスをストップさせ、警察にも行き、届け出ました。

帰り道、家族の足取りが重かった上、反抗期の長男、素直に謝れず、余計に反感を買う羽目に。

次の日、慣れない英語でHPから問い合わせ、電話で問い合わせしてみるも、全部上手くいかず、腹をくくって、そのバスの終点場所の詰所までとりあえず行ってみることに。

そこにいたおじさん達が、まあ親切で、ここではなく、他の営業所にあるかも知れないからと案内までしてくれ、そこに行ったら、びっくりすることに、事務所の机の引き出しから出てきたんです!(そこが忘れ物保管場所のようでした。)

「これかな?」と、紙にくるまれた物体から息子の携帯の姿が見えた時は、あまりに嬉しくて、涙が出ました! (チェルシー:小、中、高の子どもあり)

 

                |3人の子連れのドタバタシンガポール駐在記⑦≫