ママたちのリレーエッセイ17

先日大学の友人と久しぶり会った。

なかでも、我が娘と2か月違いの、1歳になったばかりの女の子を持つ友人とは、子育て談義に花が咲いた。いざランチを食べ始めると、座って大人しくしている友人の子の傍ら、焦れるわが娘。あまりに泣くため、店の外に連れ出し、歩かせたり 、抱っこで落ち着かせるものの、席に戻るとまたギャン泣き。今まではそんなことはなかったのに、友人の子はおりこうにしているのに。どうしてうちの子は騒ぐのかとイラッとしてしまった。

 

帰り道、冷静に考えてみた。歩けるようになった娘と、まだ歩く前の友人の子。 2か月の差とはいえ、2人の目の前に広がる世界は違っていて、娘は座っているだけでは物足りないのだろう。癇癪を起こすのは自己主張ができるようになり、成長した証拠なのだと気づき、イライラしたことを反省した。

日々の生活で手のかかる事が増えていく中でも、娘の成長をしっかり見つめる心の余裕を持ちたいと思い、同時に成長を実感できる嬉しい出来事だった。

(あやや/ 1 歳 2 か月女児の母)

 

             |ママたちのリレーエッセイ16≫