どうすればいいか分からない時には

出産後は女性ホルモンのバランスが変化するため、涙が止まらなくなったりイライラしやすくなったりと、情緒が不安定になりがちです。また、仕事を通して人とつながっていたこれまでの生活と違い、産後は毎日家の中で赤ちゃんと二人きりの生活となり、周囲に助けてくれる人がいないと、孤独やストレスを感じることも。

 

慣れない育児に心身共に消耗。赤ちゃんの不安定な睡眠リズムに翻弄されて、睡眠不足になったり、やるべきことが何もできなくて落ち込んだり。もちろん赤ちゃんはかわいい。でもいっぱいいっぱいになると、どうすればいいか分からなくなりますよね。そんな時には、とにかく誰かにヘルプを出しましょう。

 

大変な時期は、永遠に続くわけではありません。いつか必ず笑顔になれる日が来ます。今はとにかく目の前の大変さを乗り越えるために、いろんな人にいっぱい助けてもらいながら子育てすればいいですよ。

 

 

 

◆相談先いろいろ

①まずはパートナー。お仕事で疲れているだろうなどと遠慮している場合ではありません。育児は本当に大仕事。一人で抱えないで、パートナーにいろんな思いを正直に伝えてみては?

 

 

②親きょうだいや親せき、知人など、話を聞いてくれそうな人に相談するのもいいですよ。たとえ遠くに住んでいても、電話やメッセージでつながれるし、話しているうちに頭が整理されているという面も。あなたのことを気にかけてくれている人がきっといます。

 

 

③お住まいの近くの「地域子育て支援センター」を探してみてください。電話などで開所時間を確認して、赤ちゃんを連れて行ってみて。「赤ちゃんが泣いてどうすればいいか分からないんです」と相談したら、きっとスタッフがお話を聞いたり、少しの間赤ちゃんを抱っこしてあやしてくれたりすると思います。育児のアドバイスも受けられますよ。必要な場合は専門機関にもつないでくれます。

 

 

④電話相談を行っているところもあります。ただ聴いてもらうだけで、心が落ち着くことも。一度でなく何度かトライしてみて。きっと自分に合った相談員に巡り合えますよ。

 

  • ハローベビーかながわ
    妊娠・出産・子育てなどの疑問や心配ごとなどについて、助産師が相談をお受けします。
    月~土曜日 10:00~16:00
    Tel:045-502-3932 (その日の登板助産師の連絡先を案内しますのでメモをご用意ください)
    主催:公益社団法人神奈川県助産師会
     
  • 子育て”心のケア”ネット
    「誰にも話せないからストレスで潰れそう」「話したら気持ちが楽になるかも!」など子育てに悩む方へ。
    養成講座を修了したボランティアが聴き手です。
    毎週火・金曜日 12:00~17:00
    Tel:044-210-4432
    主催:川崎市地域女性連絡協議会

  • ひだまりの森 子育て期の相談
    元横浜市乳幼児家庭教育センター相談員を中心に、幼児教育や福祉の資格を持ち、子育て経験のある相談員がお話をうかがいます。相談員も同じ親の立場で、子育て期のあなたに寄り添います。
    月~木曜日 10:00~12:00/13:00~16:00
    Tel:045-341-3607
    主催:NPO法人ひだまりの森 

 

 

高津区役所地域みまもり支援センターには、地域の担当保健師さんがいて、0歳から就学前の子育ての悩みや子どもの発達の悩みについて、相談できます。必要な場合は専門機関にもつないでくれます。

  • 高津区役所地域みまもり支援センター
    おおむね月1回 9:00~10:00(予約不要)※原則第4火曜日(お問い合わせください)
    電話相談も随時受けています。
    問:高津区役所地域みまもり支援センター(高津区下作延2-8-1)
    Tel:044‐861-3315



⑥児童家庭支援センターに相談できます。児童家庭支援センターは、在宅での子育てを支援するための専門機関です。お子さんやご家庭のことなど子育てに関する様々な問題について、専門の相談員(保育士、臨床心理士など)が問題解決のお手伝いをします。ショートステイ事業も行っていて、保護者が一時的に子どもの面倒を見られなくなった時に、併設の乳児院でお子さんを宿泊で預かってもらうことができます(6泊7日まで・有料・所得により減免あり)。

 

⇒上記開設時間外の土日祝日、夜間の緊急な相談は「川崎市児童虐待防止センター」でも受けています。

 Tel:0120-874-124(24時間受付)