保育園入園までの道のり

◆保育園探しに向けての大まかな考え方・流れを確認しよう!

  1. H30年4月から認可保育所の利用を希望する場合は、お住まいの区の区役所児童家庭課で利用申請をします。申請期間は【窓口】10/10(火)~11/14(火)、【郵送】10/10(火)~11/2(木)消印有効。認可保育所に加え、小規模保育事業、家庭的保育事業の申込窓口も区役所です。申請に先立ち、10月2日から「保育所・幼稚園等入所案内」の配布が始まります。初めて利用申し込みをする場合、事前相談が必要です。郵送希望の場合も、区役所で事前相談を行います。
  2. 保護者がフルタイム就労でも認可保育所に入所できない可能性が十分にあります。落ちてから慌てて認可外を探すより、あらかじめ認可保育所等と合わせて認可外保育施設も探し、よいと思える認可外保育施設に席を確保しておく方が安心です。入園金を支払うことで予約できる早期申込制度を実施している園もありますので各園にご相談ください。
  3. 認可保育所の申込み申請は一斉ですが、認可外保育施設は園によって時期が異なります。希望の認可外保育施設に入所するためには、早い時期に各保育園に問い合わせ、見学させてもらう必要があります。認定保育園の見学状況はこちら↓
    川崎認定保育園における平成30年4月入園申込の受付状況等について【中原区】
    川崎認定保育園の平成30年4月入園に関する説明会等の情報について【高津区内及び区外近隣(武蔵新城駅周辺)】
  4. 認可外保育施設の大半は、市が定めた一定の基準を満たした保育施設として認定を受けた「川崎認定保育園」です。川崎認定保育園に通う児童のうち、補助対象基準を満たした児童の保護者に対して保育料補助金制度を実施しています(0・1・2歳児は月額10000~20000円/3歳児以上は月額5000円)。そのため、認可保育所に入所できず川崎認定保育園に入所した場合は、待機児童としてカウントされません。
  5. 年度途中で認可保育所への入所を希望する場合、利用希望前月の10日(10日が休日の場合はその前日)までに区役所で手続きが必要です。認可外保育施設の場合は、希望する園に直接問い合わせます。

 ⇒この地域で保育園を探す場合、(年齢にもよりますが)認可保育園に入れなかった場合のことも考えて、
  川崎認定保育園など認可外保育園の見学をなるべく早い時期に行うことがおすすめです。

◆入所申請にまつわるギモン、あれこれ

申請に関してよくある質問とその回答を聞きました。(2016.10)

 

Q:申込書の「入所を希望する保育所等」欄には、第8希望まで記入しなくてはいけないの?

A:入所後の転園は非常に困難なので、実際に通える園を最大8園まで記入して下さい。

 →2016年10月現在の情報:8園以上書いてもOK(欄外の余白などに)。ただし通える園のみを記載する。

 

Q:申込する前に見学は必要?

A:選考に影響はありません。ただし、実際に保育園が決まってから「通うのが時間的に難しい」「園の方針が家庭と合わない」などといった状況になった場合、転園は非常に困難です。施設や保育内容、園の雰囲気、職員の様子など、見学をおすすめします。見学の際は各保育園に直接問合せて、お子さんと一緒に見学します。

 

Q:きょうだい同時申請の場合は、同じ園になるよう優先されますか?

A:きょうだいが在園中の保育園に入所希望の場合と同様、考慮されますが難しい場合もあります。

 

Q:パートや派遣より正社員の方が優遇される?

A:就労形態は影響しません。就労の日数や時間で判断します。

 

Q:保育時間はどうやって決まるの?

A:保護者の勤務時間や通勤時間、勤務実態により、預かり時間は異なります。開所時間内ならいつでも預けられる、というわけではありません。

 

Q:慣らし保育(短縮保育)ってなんですか?

A:新しい環境に慣れるための短時間保育で、状況によりますが入所後一週間程度です。この間は長時間預けられないので、事前に仕事の調整 が必要です。 

 

Q:求職中でも入所申し込みができますか?

A:求職活動中の方も認可保育所への入所申し込みは可能です。ただし、入所した場合には、入所後2か月以内に就労(月64時間以上=1日4時間以上かつ月16日以上)を開始し、就労・所得証明書を提出する必要があります。なお、求職の意思があるものの、実際に求職活動を行っていない場合には、入所申し込みはできません。