9月のハグミデー

今日は、「体罰」について語り合いました。
子どもへの「体罰をしない」と大人が決めることが身体的暴力を防ぐ近道になります。
スエーデンでは1970年代に法律で体罰禁止を明記し1960年代は90パーセント以上の親が体罰をたことがあると答えていましたが、2000年代には10パーセントにまでなりました。
体罰は他の方法を考えなくなりエスカレートしやすい危険があります。
しかしながら、体罰への考え方はそれぞれです。すぐに答えが出るものではありませんが「体罰を使わない方法」を考えて欲しいと思います。

(みか)