小児歯科医のミニ講座&相談会 5/23開催

 

 

 

 

この日は、磨き始める時期と方法について、

 

 

小児歯科専門医の山田先生が、

 

 

じっくり丁寧に詳しくお話をしてくださいました。

その中でも特に印象に残ったお話は、嫌がられずに磨くためのポイントについてです。

 

それは、歯が生えていないうちから、スキンシップとして口周りや、歯茎を指で触るなど、

 

日頃からの触れ合いが大切。

 

親が楽しそうに歯磨きをする姿を見せる事。

 

そして、下の歯が生え始めたら、

 

ガーゼ磨きを中心に、

 

徐々に歯ブラシに慣らせていくと良い。

 

嫌がられずに磨くポイントは、

 

優しく話しかけたり、

 

歌を歌ったりと笑顔で楽しい雰囲気作りを。

 

それから、

 

「びっくりしたね!すごいね!」など、

 

歯磨きをする子どもの気持ちに

 

寄り添う言葉掛けを。

 

毎食後の歯磨きが理想ですが、

 

それ以前に歯磨きを嫌がらない事が

 

一番大切な事。

 

歯磨きは、時間をかければかける程、

 

嫌いになる原因になるので、

 

どうしても嫌がる時は、

 

虫歯になりやすいところを優先的に磨き、

 

短めに切り上げても良いそうです。

 

山田先生の、講座はもう何年目でしょう?

 

毎年2回開催されます。

 

いつもいつも、丁寧でわかりやすいお話に、

 

ハッとさせられます。

 

 

ブログでは、山田先生のお話を簡単にまとめさせていただきましたが、

 

支援センターのお部屋に、もっと詳しくまとめられたレジュメがあります。

 

お知りになりたい方は、スタッフまでどうぞ♪(のん)