息子はイライラのはけ口ではない

 中学生になってからは、たまたま席が近くになった子とトラブルになることが多い。

息子にも少しは原因があるが、状況を聞くと相手のイライラをぶつけられていることが多いようだ。私が以前から一番心配していた、「イライラをぶつける標的にされること」が中学生になってからは次々に起こっているようにも思う。

息子は普段から飄々としていて、悩みもなさそうに見えるのだろう。中学生にもなると親から「勉強しろ」と毎日言われてイライラし、息子のような子を相手にイライラを発散する子もいる。自身のストレス解消のためだけに息子をからかっているのなら許せない。その思いは面談で先生にも伝えてきた。

 

しかしトラブルは悪いことばかりでもない。一緒になってからかう子は一人もいないし、「やめろ」と言ってくれる子もいる。息子も言われてばかりでなく、少しは言い返せるようになってきた。見た目は強くなくていいけれど、心は強くたくましくなってほしいと願っている。

 

(緑:中2男子の母 2017.1.19 vol.68)

≪vol.69  怒りのコントロール   |vol.67 特徴を自覚し、改善につなげていく≫