小児歯科医のミニ講座&相談会

 

 

 

先日は、小児歯科専門医の山田先生に来て頂き、

 

「こどもの歯と成長のケア」について、

 

ミニ講座を開きました。

 

歯の成長の過程に沿って、

 

お話して下さいました。

☆歯が生えてない頃

 

指しゃぶりやおもちゃをしゃぶることは、歯みがきの準備段階である。

親も清潔な指で、口のまわりや歯茎を触ってあげたりするとよい。

 

☆下の歯が生えたら

 

ガーゼ磨きから、歯ブラシに慣らしていく。

寝かせ磨きに慣れるように、日頃から仰向けの姿勢をとる遊びを。

 

☆上下の前歯が生えたら

 

歯ブラシを使って磨く習慣を。

仕上げ磨きは寝かせて行い、

毎食後でなくても、1日1回、機嫌の良いときに行う。

フッ化物塗布を始める。

 

*上の前歯は1歳から2歳で最も虫歯になりやすい。

原因は

・唾液による自浄作用が及びにくい

・下の歯より神経が多く、歯磨きの時に嫌がることが多い

 

『磨き方のポイント』

 

・歯と歯茎の境目を念入りに

・歯ブラシを歯の表面に直角に当て

左右に小刻みに動かす

・歯が重なっている場合は、歯ブラシを縦方向にして上下に磨く

 

 

『嫌がられず磨くには…』

 

・仕上げ歯ブラシを持つ手と反対の手は、小指と薬指でこどもの顎をしっかり固定する

・褒めながら磨く

・歯ブラシのヘッドは小さく、毛はやわらかくて密集しているものを使う

 

 

『嫌がる時の対応方』

 

・日頃、歯磨きの絵本を読んで、手を洗ったりお風呂に入ることと同じことだと気付かせる

 

・兄弟やぬいぐるみで競争心を刺激する

 

・泣いてしまうときは、あ!アンパンマンだ!! などと、注意をそらして一瞬の間でも磨いてしまう

 

・暴れてしまう時は、膝の間にこどもの頭を挟んだり、周りの人に押さえてもらう

 

*いずれも、少しでも出来たら、たくさん褒めてあげましょう

 

 

 

 

歯の生える時期はその子その子でばらつきがあります。

本に書かれている通りではありません。

ですが、生えるタイミングに1年以上の差があるときは、歯科医にかかることをおすすめします。

 

虫歯菌は、19~31ヶ月の頃に家族からの感染で定着してしまいます。

こどもに感染させないためにも、大人が口の中を清潔にしておくことも大切です。

 

また、虫歯予防のために、定期的に検査を受け、なるべくフッ素を塗るとよいでしょう。

 

『歯ブラシについて』

 

こどもに持たせるゴム製のものは、汚れを落とす機能は果たしていない。

歯ブラシに慣れるトレーニングとして使うとよい。(まとめ:よこ)