6月7日 避難訓練


先日は、上作延こども文化センターと


合同で避難訓練を行いました。

 1階老人いこいの家のキッチンから出火したと想定した訓練で、利用者さんのいる2階のお部屋からお庭に避難し、全員の安全確認をしました。


避難の時には、貴重品のみ携帯し、お子さんの靴を忘れないこと(抱っこで避難していざ下ろすと靴がない!とならないように)、なるべく抱っこ紐を使用する(両手が使えるように)など、気を付ける点が訓練することで、よりわかりました。


1階のいこいの家の方も参加され、みんながお庭に避難したあとは、消防士さんから消火器の使い方を教えてもらいました。


消火器の使い方は『ピノキオ』と覚えるとよいそうです。



     ピ…ピンを抜く

             ノ…ノズルを引っ張る

     キ…気持ちを落ち着かせて

                オ…(レバーを)オす

             

消化の際は、火元から遠すぎると届かないので、安全な範囲で近付き、炎の下の部分をめがけて消化するように、、

また、炎が背丈くらいになってしまうと、躊躇せず119に連絡するようにと説明を受けました。

最後には消防車の前で、消防士さんと一緒に

記念撮影をされる親子の姿も☆

消防署の皆さま、参加して下さった皆さま、

ありがとうございました。(よこ)