通級は楽しいらしいけど・・・

多摩区内に中学校の通級指導教室が開設されて、この春で3年目に入った。

最初の年は利用者も少なくどうなることかと思ったが、今ではびっくりするほど利用者数が増えている。
息子は小学校から引き続き利用しているが、通級の日は嬉しそうに出かけて行く。小学校の時と違って親の付き添いはないし、朝から一日通級で過ごせるので気楽なのだろう。おまけに歩いて行ける場所なのに、バスに乗って行けることも楽しいようだ。
通級指導教室には個別指導と集団指導がある。個別指導では学校生活のことを聞かれたり、少し課題があったりするが、文句を言いながらもきちんとこなしている様子。集団指導では卓球をやったり少人数でゲームをやったりと、小学校の時と似たような内容だが、毎回メンバーが違うので面白いらしい。
これからは高校進学のことも考えていかなくてはと思う。でも成績は上がらないし、やる気もイマイチだし、どうすればよいものやら。本人が行きたいと思う学校を見つけてそこに入学できれば一番だと思うけれど、果たして息子は頑張ってくれるだろうか…。
(緑:中2男子の母 2016.5.26 vol.60)

 

≪vol.61 適応できているなら診断名は必要ない?vol.59「指導」という言葉にうんざり≫