貴重な体験

昨年末、報道番組のスタッフから、息子がYouTubeに投稿していた動画を使わせて欲しいと連絡があった。

12月6日に営業運転を終了した南武線205系0番台の車内での最終アナウンスがツイッターやインターネットニュースで話題になり、それについて番組内で特集を組むことになったというのだ。
その特集に私たちも少しだけ出演することになり、3回に分けて取材を受けた。初回は自宅での長時間のインタビューで大変だった。息子は「なぜ南武線が好きなの?」と聞かれても気の利いたこと一つ言えないし緊張感もないし…。私の方が気を遣って疲れた。考えてみれば、物心付いた時には電車が大好きだったので、理由を聞かれても答えようがなかったかもしれない。
放送当日、あのインタビューからよくこのコメントを使ってくれたなぁとホッとしたのと同時に、番組制作スタッフの編集技術に感動した。息子もテレビに映った自分の姿を見て大興奮だった。私たちの恩師、知り合いも喜んでくれたし、何より関西にいる両親たちが喜んでくれたのが嬉しかった。いつもハラハラドキドキさせてくれる息子だが、今回は息子のおかげで貴重な体験をさせてもらった。

(緑:中2男子の母 2016.4.4 vol.58)

 

≪vol.59 「指導」という言葉にうんざり vol.57 10回目の発表会へ向けて≫