三者面談…やっぱり嫌い。

7月に中学生になって初めての三者面談があり、中間テストの点数と各教科の自己評価表が渡された。

点数が悪かったので色々と小言を言われると思っていたけれど、あまり何も言われなかった。中学の面談は成績が良くても悪くてもこんな感じなのだと、知り合いが教えてくれた。親ばかりがうるさく言うのも鬱陶しがられるので、息子には先生から「しっかりやれよ」くらい言ってくれたらいいのに、と思った。

 

そして夏休みに入り、息子は宿題の多さにうんざりしている。“少しやったら休憩”を繰り返しているうちに休憩の方が長くなり、私がイライラしてしまう。さっさと宿題を済ませてからやりたいことをやればいいのに、なかなか難しい。

 

自己評価表でチェックが入っていた「集中力がない」というのは、そういうところなのだろう。遊んでいる時は集中力が高いのに、勉強となると全くダメ。嫌なのは私も同じだったから息子の気持ちは分かる。でも嫌でも面白くなくても、今は勉強しなければならないのだ。

(緑:中1男子の母 2015.8.27 vol.52)

 

≪vol.53 息子は人気者!?  |vol.51  テストの結果は…残念≫