中学の通級はどうする?

11月に息子と中学校の通級の見学に行った。

といっても、現在在籍している通級と同じ建物内にあるので、通い慣れた場所だ。でも普段は絶対に覗くことができないので、息子もワクワクしながら見学していた。

実は、中学進学後は通級の利用をやめるつもりだった。自分の力で頑張っていけるならそれが一番いい。息子にも何度かそう話した。でも、私の心の底にはまだ不安がある…。そんな気持ちを抱えて10月の説明会に臨んだが、説明会後は通級に登録しようという気持ちに変わり、息子にもそう伝えて一緒に見学することにしたのだった。

見学中の息子は?というと、短い時間で先生達ともすぐに仲良くなり、自分が聞きたいことをいろいろ聞いていた。見学を終えての帰り道、「中学の通級、行こうかな。」と言った。受けられる支援は受ければいいし、月1回、丸1日の指導なので“息抜きの日”という軽い気持ちで行けばいい。私もそう思った。

私たちは6年間通級を利用してきた。「そういえば、雨の日も台風の日も大雪の日も頑張って通級へ行ったよね。」と息子といろいろと思い出して笑った。こうして笑えるようになったことも嬉しい。

(緑:小6男児の母 2015.1.29 vol.46)

 

 ≪vol.47 修学旅行   |vol.45 私たちは受け入れてもらえていた≫