避難訓練

 

上作延こども文化センター、上作延いこいの家のみなさんと合同避難訓練を行いました。

 

 

 

スタッフの声掛け後、避難。

庭に集合し、全員が避難していることを確認しました。

 

 

 

その後、部屋の中で、高津役所危機管理担当の並木さんから、 お話をききました。

 

 

 

出火から避難完了迄5分以内でした。

火事なので場合によっては、靴を履かないこともあります。

外に避難した後、全員避難できたか確認するので、かってに帰らないでくださいね。

 

パワーポイントをみながら 上作延周辺の地図で、危ない場所を確認。

 

1989年の蟹ヶ谷での土砂災害、1984年の区役所前の浸水の様子、

地震、火災、津波、液状化、土砂災害、洪水浸水、竜巻.....

それぞれの被害予測などをうかがいました。

 

 

 

 

地震の時の避難所は家屋倒壊などの最終手段です。

 

家での対策について

ローリングストック(*1)、

水の備蓄(*2)、

シェイクアウト(*3)という身の守り方

 

を教えていただきました。

 

 

 

 

*1ローリングストック 普段の食事に利用する缶詰やレトルト食品などを備蓄食料とし、製造日の古いものから使い、使った分は新しく買い足して、常に一定量の備えがある状態にしておくもの。

 

*2水の備蓄 1人1日3リットル(飲用)+生活用水

 

*3シェイクアウト 「地震を吹き飛ばせ」といった意味の造語。安全確保行動1-2-3「まず低く、頭を守り、動かない」を実施すること。

 かながわシェイクアウト http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f480078/