かみさくのべでは年2回の恒例行事の手形(足型)スタンプ!

手形道具を見て何をされるか不安な子ども達。でもそれ以上にママやスタッフもドキドキ。泣かないでできるかな、ギュッと握ってる手をうまく開いてくれるかな…。

なので、本番前にイメージトレーニング。「インクを付けたら~、手をパーにして~、紙に付けたらギュ~っ♪」と机で練習してみたり。

その練習の成果もあってか、本番ではほとんどの子が上手に、楽しんで押せていました。なかにはドキドキで泣いちゃった子もいましたが、それでもなんとか頑張って押すことができました。

 

お子さんの手形足型をとる機会ってなかなかないですよね。子どもはどんどん大きくなっていきます。それが嬉しくもあり、少しだけ切なくもあり…。小さくて愛おしい「今」を思い出に残す手形スタンプは、楽しくて、とても有意義なイベントとなりました。(紀)