虐待を繰り返さないためには・・・

 前回分を書いた後に、虐待について取り上げたテレビ番組を見た。

出演していた人の中に、「結婚して新しい家庭、家族があるのに、私は過去を生きている。」と言っている人がいて、私もその人と全く同じだ・・・と思った。前向きに生きて行きたいと、このエッセイの中で何度も書いたが、私はなぜか前向きに生きている感じがしない。子どもが生まれて親の立場になったのに、自分の記憶をたどりながら育児をやっていると、私は全然今を生きていなくて過去を繰り返しているだけのような気がする。自分の生い立ちに問題がある上、息子は育てにくい子ども・・・一時期は本当に毎日が苦しくて、気づかないうちにいつも自分と同じ目に合わせてしまっていた。自分自身が親に怒鳴られ、叩かれ、蹴られてきたので、見る人が見れば虐待だと言われてしまうこの行為も、自分の中では体に残る傷をつけていないから虐待だとは思わなかった。だからこのままではダメだと思いながらも、保育園の先生に言われるまでやめようとはしなかった。私がやっていたことは、厳しいしつけではなく虐待だった。
 子どもを出産する前は、「子どもなんてご飯食べさせていたら勝手に育つ。」なんてバカにして考えていて、親になる心構えも何もなかった。自分がそうだったから本気で思っていたのだが、違うと知った時に「自分は愛情も何も知らず育ってきたんだ・・・。」と気づいて悲しくなった。思えば20代の頃は、「結婚したら子どもは2人欲しいな~。」なんて妄想を膨らませていたが、こんな私では一人の子育てもするべきでなかったのかもしれない。私は親になるための土台ができていなかったから。でも今、私には一人息子がいて、当たり前だが育てる責任がある。 
 テレビ番組の最後に、「自分のストレスに次世代(子ども)を巻き込まない。」と言っていた。では、自分のストレスをどう発散すれば良いのかまでは誰も言わなかったが、母親という立場を頑張りすぎないことが、今の私にできることかな?私、中身は子どものままですから。

(緑:小3男児の母 2011.10.27 vol.14)

 

≪ 好きなことを楽しくやってくれればいい vol.15 | 過去の虐待経験との闘い vol.13 ≫