動く=運動が得意ではない

 うちの息子はどこでも動き回って大変だったが、動く=運動が得意ではなかった。

 

 自転車は補助輪なしでまだ乗れない、鉄棒では逆上がりができない、縄跳びはほとんど跳べない、ボールはうまく投げられない、水泳では顔を水につけるのがイヤ・・・。中には学校から指摘されるものもあって、どれも少しは教えてみたが息子はやる気がほとんどなく、私もイライラするばかりなので練習が続かなかった。でも今年は、自分の中で「水泳を頑張ろう。」という気持ちが芽生えて、ひそかに努力していたらしい(申し訳ないが、私はもう水泳はあきらめていた)。普段は学校での出来事を報告してくれない息子が、水泳の授業が始まってからは、「今日は顔を水につけられるようになった。」とか、「今日は浮くことができた。」などと報告してくれるようになった。そして9月の最後の授業では、バタ足ができて少し泳げるようになったそうだ。この頑張りには私も驚き、嬉しくて一緒に喜んだ。
 しかしこの喜びもつかの間、今度は学校からボール運動が下手だと指摘されてしまった。言われた日は家で練習したが、やっぱり何日も続かない。私がうるさく言ってしまうのも悪いのだけど・・・。できないよりできる方が息子にとって良いのはわかっている。でも、自分で頑張ろうと思えるようになるまで待ってやってもいいのかなぁ・・・、放っておいて高学年になっても下手だと息子が困るかなぁ・・・、などと私もいろいろ悩むところだが、焦って練習させてもまた息子に嫌な思いをさせてしまうので、今はそっとしておこうかな。

(緑:小2男児の母 2010.11.25 vol.5)

 

≪ 褒められても素直に嬉しいと思えない vol.6 | 言葉の遅れは一番気になる vol.4 ≫