ママ友との付き合い

 子どもを通じて知り合う、いわゆる“ママ友”との付き合いは何となく苦手な私。

知らない土地で息子を産み育てながら、色んな人と知り合う機会はあった。しかし、だんだんと仲良くなるに連れ、相手との距離の取り方がわからなくなって体調を崩したこともある。まぁ、長続きしている付き合いはない。
ママ友との付き合いが辛いな・・・と最初に感じたのは、子どもが遊ぶ様子を一緒に眺めながら育児について話した時だった。子どもに対する考えは皆それぞれ違うので、意見が合わないことは仕方がないと思っているが、たまたま私が知り合った中で、まだ生まれて1年も経たない赤ちゃんを目の前に我が子の将来を熱く語る人がいて、1年ぐらい先のことまでしか想像できない私はとても話について行けず、そのうち何の話をしても合わなくなった。
他には、うちの息子は発達にばらつきがあるので、小さい頃から言うこともやることも変わっている。そんな息子の言動にいちいち笑う子どもがいて、いつもの如く私は大人気ないが、その状況には耐えられなかった。息子の発達に不安があると話していたのに、会う度に笑われると親子揃ってバカにしているのか・・・と被害妄想は膨らむばかりで、もう約束するのもやめてしまった。
あとはメールで苦労した。いつでもどこでも送受信できて大変便利だが、私にはどうでもいい愚痴ばかりの内容に朝から深夜近くまで付き合ってしまい、離れているのに束縛されたような感じで苦しかった。今思えばバカな話だが、その時は返信しないといけないと必死になって、やめるタイミングがわからなかった。
こうして書き出すと私の心が狭く、人の話を適当に聞き流せないのが悪いともいえる。こんな私には広く浅くママ友付き合いするのが合っているのかもしれない。深い付き合いは求めていないので、気楽に話せる人とたくさん出会えるといいなと思う。もしかすると、「この人って友達いるの?」と心配してくれる方もいるかもしれない(いるわけないか・・・)が、故郷には私とは全く違う広い心を持った友達がいるのでご安心を。

(緑:小3男児の母 2012.3.22 vol.18)

 

≪ 生きていくために大切なこと vol.19 | 我が子や周囲への告知  vol.17 ≫