自主保育

自主保育では、親たちがお互いの子どもたちを交代で預け合いながら、子どもの育ちの場を自分たちでつくっています。幼稚園にも保育園にも通わないで、小学校に入学するまでの時間を、大家族のような環境で過ごし、子ども同士はまるできょうだいのように一緒に育ちあっていきます。自然豊かな環境で、子どもたちの”やってみたい”という気持ちを見守りながら、活動しています。

 

自主保育の活動は川崎市から「就学前のもう一つの子育ての場」として認められており、「地域子育てグループ支援事業補助金」という支援を受けて活動しています。

◆自主保育ぽけっと

活動日:火・水・木・金 9:30~13:30

活動場所:こども夢パーク、春日台公園、こども文化センター、多摩川(兵庫島)等

連絡先:村松美樹

メールアドレス:miki-big.bridge@ezweb.ne.jp

ブログやってます!

http://blogs.yahoo.co.jp/takatsu_poketto

です 活動の様子のぞいてみてね

 

★見学会情報★

毎週木曜日のオープンデーには

どなたでも参加できます。

◆自主保育 たまがわのびっ子

大好きな多摩川の遊び場で、自主保育を立ち上げようと活動を開始しました。一緒にメンバーになってくれる方大歓迎です。遊びに来てください。見学もいつでも歓迎です。ただ、活動場所が変更になることもあるので、参加希望の方は事前にご連絡ください。

 

活動日時 : 月・水・木・金曜日 10:00~13:30

活動場所 : 高津せせらぎ公園

連絡先:080-4136-2622  円子(まるこ)

Instagram #たまがわのびっ子

◆自主保育B.B.だん

 就学前のこどもたちの生活の場、成長の場を親たちの手でつくっています。親が交代で保育し、こどもたちは小さい子、大きい子、ごちゃ混ぜで遊ぶ中、すくすく育っています。

 

活動日時:

 年長・年中⇒月~金曜日9:30~14:00

 年少⇒月・水・金曜日9:30~14:00

 年少未満⇒月・水・金曜日のうち参加できる日の9:30~14:00

 ※活動日は相談しながら決めていきます

活動場所:宮崎第4公園、有馬ふるさと公園、子ども夢パークなど

対象年齢:年長~0

会費:3,500円前後/月

問:070-5582-7832(大西)

◆自主保育いちにのさん

草の匂い、土の匂い、風の匂いを感じながら遊びを区切ることなく子どもたちとたっぷりどっぷり過ごすと、いっしょにいる時間がもっともっと楽しくなる。預け合うことで他の親・子との信頼も深まる。自分の子を他の大人が叱ってくれたりなぐさめてくれたり。自分が他の子を叱ったりなぐさめたり。わが子と寄り添っていられる今だけの時期を、そんな素敵なあたたかい場所で一緒に過ごしてみませんか?

 

活動日時:週2~5回 10:00~14:00(0・1・2歳児は週2回/年少児は週4回/年中年長児は週5回)

活動場所:宮崎第一公園、川崎市こども夢パークなど

対象年齢:未就学児の親子

会費:

問:ichininosan90@gmail.com

  Tel 080-3812-2509(植田) 

 

★見学会情報★

火曜日&金曜日に、宮崎第一公園にて随時見学できます。事前にご連絡ください。

 

★自主保育ママ~こんな想いでやってます~

長女は1歳から年少前までを保育園で過ごしました。
その間に東日本大震災がありました。

電車通勤の1時間が予想以上に娘から遠いことを、痛感した出来事でした。

その後も悩みながら会社員を続けていましたが、

またおなかに新しい生命を授かったとき、今度は会社を辞めることを考えました。

何かあったとき、すぐに娘を抱きしめに行けるところにいたいと強く思ったからでした。

長女の育休中に出会ったB.B.だんのこどもたちはとても「こどもらしく」て、幼少期から習い事たくさんで、

ヘンに達観(?)していて「大人みたい」と言われ続けた私には、キラキラ輝いて見えました。

私にできるのだろうかと不安に思いながら始めたけれど、あたたかく迎え入れてくれた仲間に支えられて

徐々に毎日を心から楽しめるようになり、気づけば5年目を迎えました。

私は、出産から就学までの、通り過ぎたら二度と手に入らない宝物のような期間に、

わが子のいいところもいいと思えないところも、この目で見ていたい。

飾ることを知らないうちからの包み隠さない本質を、知っておきたい。そう思っています。

それは特別な空間ではなくて、生活そのものの中に見えてくるもの・・・。

こどものちから、育っていくちからって、本当にすごいなぁ!と感じています。

「自主保育」といっても、その会ごとに色があり、これといった共通の絶対的ルールは存在しません。

しかし唯一どの会にも言えることがあるとしたら、自主保育っておとなもこどもも、ただひたすら

信頼関係の上でのみ成り立つんだ、ということだと思います。

こどもたちが、身体も心も、自分の力で成長していく姿を「信じる」こと。

常日頃から思うこと感じることをよく会話し、気持ちを共有できている仲間を「信じる」こと。

信じて頼り合える間柄であるための努力を怠らないこと。

難しい時もあるけれどとてもシンプルで何より大切な、その事柄に気づかせてくれた、

今まで一緒に過ごしてきた仲間たち(おとなも、もちろんこどもたちも!)には、感謝しきりです。

1月に三女が誕生しました。次女も4歳になりました。

今年も、会社を辞める決断をしたときの気持ちを大切に、今の想いも大事に、

毎日毎日をこどもたちとともに生活していきたいなと思います。

私と一緒に、こどもたちの育つちからに寄り添う日々を共有してくださる方を、待っています!

★自主保育OBママのつぶやき

自主保育生活を終えてからも、私は子どもと関わる仕事をしていて、今は本業の傍ら、認可保育園でパート勤務をしています。そこでの話。

 

先日ヘルプで入った2歳児クラス。

担任の先生が1人の子をトイレに連れ行くために保育室から出て行きました。すると残っていた5人の子どものうちの4人が、そろりそろりとお部屋を走りはじめました。「お部屋の中は歩いてね」と声かけするも、4人は楽しくなってテンションが上がっていきます。と、私のそばにいたRちゃんが、走っていた子を叩こうと向かっていくではないですか。

とっさに「待った」をかけて、振り上げた手をキャッチ。するとRちゃんは、たまたま反対の手に持っていた小さな積み木をでたらめの方向に投げ、それが保育室の外に飛んでいきました。Rちゃんの手を握って「積み木、拾うよ」と廊下に出て積み木を回収したところを、たまたま通りかかった園長先生が見ていました。

「どうしてあんなことになっちゃったの!」と入って来られた園長に事情を説明したところ、まずは走っていた子たちが叱られました。それからRちゃんも叱られました。最後にお部屋に戻って来た担任の先生も注意を受けました。その後担任の先生は「片づけて」と言い、「どうして先生の言うことを聞かないの!」と叱り、叱られた子は泣きました。

園では、先生が大声で「走っちゃだめ!」と叫ぶと子どもたちは止まります。園長先生がお部屋に入ってくると大人しくなります。私がお部屋にいると、時々私の眼を覗き込む子がいます。今、この先生は怒っていないかな?と探るようなまなざしで。

 

私は、これまでの人生で子どもたちとそういう関係性の中で付き合ったことがないので、戸惑います。広い空間で思う存分遊びまわっている自主保育では「走っちゃダメ」と言わなくてはならないケース自体が稀ですが、それでも例えば雨の日の児童館など、狭い場所で子どもたちのテンションが上がりすぎると、頭をぶつけたり転んだりしてケガをする危険性もあり「わーどうしよう」と思うこともありました。でもテンションが上がること自体、悪いことではない、自分も一緒に盛り上がることもある。むしろ大きなケガにつながらないようにどう対策するか、どうやってそのエネルギーを逃がしていくか、そこが腕の見せどころと、考えます。そもそもの環境調整も必要かもしれないと考えます。

 

「先生の言うことを聞きなさい」というのは、この園だけのルール? でももしかすると、広くこの業界ではそうやって先生の言うことを聞く子どもを「よし」としているのではないだろうか? 子どもたちが言うことを聞いてちゃんとしていれば、先生は「指導力がある」という評価を受けるのではないだろうか?…なんだかモヤモヤします。これからいろんな人にリサーチしてみようと思います。

 

子どもは本来、ピュアな人たちだと実感しています。今やりたいことをやる。遊びを介して通じ合う。子ども同士ケンカすることもあるけれど、「ごめんね」という言葉だけで済ませるようなことはしない。イジワルをする・される時期もあるけれど、そういうこともちゃんと自力で乗り越えていく。

子どもたちの内なる力を今も信じられるのは、私が子どもたちと、あの宝物のような時間を過ごすことができたからだと思います。