■教えて!病児保育・病後児保育のこと

職場復帰をするママの一人から、「復帰後の子どもの病気が心配」との声を聞きました。確かに、子どもの病気は働いている親にとって最大の難関。小さな子どもがいるために急な早退や遅刻もやむを得ずという状況は、会社によっては肩身が狭く、場合によっては仕事の継続をあきらめる要因にもなりかねません。子どもが病気になっても預ける場所があることは、安心感につながります。

でも一方で、子どもが病気の時に(夫婦ともに)休んでもOKな社会を作っていくことも大切な視点ですよね。病児の保育はリスクも高くなります。説明会などに必ず参加して、納得した上で利用できるといいですね。

 

病児保育施設

病気などで保育園に預けることが困難な子どもを受け入れる施設です。
川崎市在住で、子どもが病気等により、当面症状の急変は認められないが、通園している保育園等での集団保育が困難であり、かつ保護者が就労等により家庭で保育ができない場合に利用できます。

 

 保育時間

 月曜日~金曜日 8:00~18:00  (祝日・年末年始・お盆期間を除く)

 ※延長保育はありません。

<利用方法>
 ①事前に登録用紙を記入し、施設へ提出します。
 ②利用したい場合は、前日までに施設へ電話して予約します。
 ③当日、かかりつけ医による「主治医指示書」を提出します。
<利用料金>

 日額2900円(食事代・おやつ含む)

  ※市民税非課税世帯は1,000円、被保護世帯は400円に減免されます 

 

詳細は「エンゼル中原・宮前・川崎」3施設共通のホームページをご覧ください。

利用のしおりもHPから見ることができます。

●病児保育施設「エンゼル中原」

〒211-0044

川崎市中原区新城3-5-1 新城中島ビル3階 【武蔵新城駅徒歩2分】

Tel:044-872-9137

嘱託医:中島医院 院長 中島夏樹氏

定員:12名

●病児保育施設「エンゼル宮前」

〒216-0005

川崎市宮前区土橋7-25-15 【東急田園都市線宮前平駅徒歩10分】

Tel:044-789-9117

嘱託医:鈴鹿小児科医院 院長 鈴鹿隆久氏

定員:12名

●病児保育施設「エンゼル川崎」

 〒210-0804

川崎市川崎区藤崎1-1-3富有レジデンス1階 【JR川崎駅東口からバス5分「中島2丁目」下車徒歩3分】

Tel:044-201-6937

嘱託医:野田眼科内科小児科 副院長 野田美恵子氏

定員:12名

病後児保育施設

 

病気は治りかけているが、まだ保育園に通園できない乳幼児を一時的に預かる施設です。
川崎市内在住で、病気は治りかけているが、まだ通園している保育園等に通園できない場合に利用できます。市内3か所(高津・多摩・幸)にあります。利用するには事前登録が必要です。

<利用方法>
 ①事前に登録用紙を記入し、施設へ提出します。
 ②利用したい場合は、前日までに施設へ電話して予約します。

 ③当日、かかりつけ医による「主治医指示書」を提出します。

<利用料金>

 日額2900円(食事代・おやつ含む)

  ※市民税非課税世帯は1,000円、被保護世帯は400円に減免されます

●病後児保育施設「エンゼル高津」

 〒213-0002

川崎市高津区二子5-1-5 すこやか高津保育園併設 【東急田園都市線高津駅徒歩3分】

Tel:044-833-8872  ※HPはこちら

定員:8名

開所:月曜日~金曜日 8:00~18:00  (祝日・年末年始を除く)

予約・・・電話/FAX/E-mailにて受付。病状、病名、利用時間など必要事項を伺います。

      ●電話:044-833-8872 前日午前8:00~午後6時/当日午前7時30分~

      ●FAX:044-833-8722 前日午後3時まで

      ●E-mail:angel-s-takatsu@shoei-fukushikai.jp 前日午後3時まで

      ※当日予約キャンセルする場合は、午前7時30~午前8時までに電話にてご連絡ください。

 

●病後児保育施設「エンゼル多摩」

〒214-0012

川崎市多摩区中野島3-15-10

Tel:044-922-8724 ※利用のしおりはこちら 

 

定員:12名

開所:月曜日~金曜日 8:00~18:00  (祝日・年末年始を除く)

予約・・・電話予約が必要です ※保育室希望の場合は2日後までの予約が可能

     翌週分の予約受付は金曜日の 8:00~18:00 土曜日の受付はありません

     ※隔離室希望の場合は発症から1週間の予約が可能です。

     ※当日利用の予約受付は 7:30~、翌日以降の予約受付は 8:00~

訪問型病児保育サービス

 

訪問型病児保育サービスの先駆けとして有名なNPO法人フローレンスも、川崎市内でサービス提供しています。会員登録した家庭の子どもが病気になったとき、当日朝の連絡でも100%保障で保育スタッフが駆けつけてくれるというサービスで、事前に入会(Webより申込→入会審査→利用説明会への参加→入会)が必要です。寄付により、低価格なひとり親家庭向けの病児保育サービスも提供しています。

 

川崎市のファミリーサポート事業は病児保育に対応していませんが、病児保育に対応しているベビーシッター会社等は出てきているようです。

 

●保育スタッフが駆けつける! NPO法人フローレンスの病児保育

 ※入会申し込みはこちら 
<利用料金>
 入会金:20,000円(税抜)
 月会費:入会時の月会費はお子さんの年齢により7,600円(税抜)~8,000円(税抜)

      3か月に1度月会費を見直し、利用回数により4,500~20,000円の変動制(毎月初回の保育料を含む)

      ※会員さんの平均月会費は6,800円(税抜)(2015年4月現在)

 保育料:毎月初回は無料(8:00~17:30まで)

      月2回目以降の保育料:2,000円/h(税抜) ※5分単位で課金

 更新料:2年目以降継続される場合は、更新料10,000円(税抜)がかかります

利用時間>

 月~金の800173018時半まで延長可、夜間特約利用で20時まで)
<対象>

 生後6か月~小学6年生

 ※はしか以外、全ての疾病・病状で利用できます

<入会方法>⇒こちら

<利用の流れ>
 1
Web予約
  当日朝8時までの依頼に100%対応/8時以降もスタッフに余剰があれば対応

 2.保育スタッフが会員宅へかけつける
  ※当日朝7時以降はキャンセル料が発生
 3
.かかりつけ医で受診
  原則として預かり当日の朝に受診し、第三者による保育が可能かを確認
  ※症状が落ち着いている場合は前日までの受診でも可/保育スタッフによる受診代行も可能
 4
.自宅で保育
  子どもの昼食・おやつ・飲み物などは保護者が準備